ざっくりザクっと建築を学ぶ

”ざっくりザクっと建築を学ぶ” 略して ”ざく建” です

IR事業について

大阪府がIR事業について修正案が出されていましたね
 
当初の計画案では2025年に開業予定でしたが
 
だいぶ変更され予定がずれてきています
 
今年の7月に事業者の書類締め切り、9月ごろに事業者選定
 
その後23年度以降に事業者へ土地の引き渡しなどが行われます
 
IRの施設完成にはおおよそ2030年ごろになるかもしれないですね
 
このIR事業で日本の建築意識が世界に試されます
 
 
今まで大手デベロッパーが手がけてきたコスト第一や一般的な建物では
 
世界の人から敬遠され来日するのも少ないでしょう
 
なので是非世界に向けた建築物を創って欲しいですね!

建築士の数

世の中の建築士の数って何人いるんだろ?
 
って気になって調べてみました
 
 
 
 
2019年の時点で
一級建築士:373,490人
二級建築士:771,246人
木造建築士: 18,133人
 
 
他にも弁護士の数は
2017年の時点で38,980人
 
税理士の数は
2021年の時点で79,404人
 
 
こうみると建築士の数は多いですね
 
建築士は必ず取らないと建築の仕事ができないという訳ではないので
 
建築従事者が多くなりやすく競争社会になるのもなのも納得です
 
建築は幅が広いので差別化しないといけないですね
 

病院の重要性

最近またコロナ感染者数が増えてきていますね
 
 
これでもまだ世界に比べたら低いほうなのが不思議です
 
日本の累計が他国の一日の感染者数ですからね
 
日本は今まで高齢者向け病院が多いので
 
こういった感染症の際のベッド数は確保しづらくなってきます
 
また、病院内でエリアわけを想定されていないことが多いので
 
今後の病院の計画の際には注意が必要ですね

申し込みしました!

一級建築士の受験申し込みしました!
 
 
今年こそ学科は通りたいなぁ〜と思いながら
 
勉強できる時間を確保できるか不安です💦
 
 
今年は例年と違いインターネットの申込だけですので気をつけましょう!
 
インターネットによる受験申込の受付は4月1日(木曜)~4月15日(木曜)午後4時までです
 

CLTの増加

最近CLTの建物が増えてきていますね
 
CLTとはCross Laminated Timberの略称で、
 
ひき板を繊維方向が直交するように重ねた木材料です
 
厚みのある大きな板で建築の構造材の他、土木用材、家具などにも使用されています

設計事務所の種類

今週のお題「下書き供養」
 
設計事務所といってもたくさんの種類があります
もっとも一般的な建築設計事務所
構造計算及び構造確認に特化した構造設計事務所
設備設計に特化した設備設計事務所
 
 
他にも
建築確認申請に特化した確認事務所
デザインに特化したアトリエ系
コンサルをメインにしたコンサル系
官公庁関連のみ行う官公庁系
施工図のみ行う施工系
リフォームのみ行うリフォーム系
 
などがあります
 
また、一般的な設計事務所というのは中小規模の会社(〜100人程度)が多いです
大きい規模になると組織設計といわれます
 
プライバシーポリシー お問い合わせ