ざっくりザクっと建築を学ぶ

”ざっくりザクっと建築を学ぶ” 略して ”ざく建” です

日本の木事情

毎年春になると花粉が辛いですね
 
そんな花粉症も一種の現代病みたいな物です
 
なぜ花粉症が近年増えてきたのか
 
それは杉の木を植えすぎたからです
 
戦後の昔、焼け野原になった日本は木を植えよう!となり
 
そこで大量に植えたのがスギでした
 
なぜここでスギだったのか...
 
ここで別のものならこんなに花粉で苦しむ人を産まなかったのに
 
木を植えて将来の住宅需要に備えようとなりましたが
 
近年の時代背景を見ればわかりますが国産の木材を使うことは少なくなりました
 
都市部はコンクリートジャングルになり、
 
住宅木材も輸入品や他材が多く
 
木材は余る一方です
 
そんな日本で最近になって木材の利用促進されるようになりました
 
木に囲まれた空間は落ち着くことや
 
木の香りがいいこと
 
無機質な空間になりにくなど
 
評判が良いことで最注目もされています
 
ただし、木は弱点だらけです
 
強度的にはコンクリートや鉄骨に負けるのは当たり前ですが
 
火に対しても弱いです
 
脆く燃えやすいとなると使いづらいです
 
ですが最近火に強い木材が出てきたり
 
コンクリートや鉄骨との合わせ技で木の弱点を補うものもあったりします
 
このように今まで使えないと思われていた
 
木材も使い方によっては最高な材料になりつつあります
プライバシーポリシー お問い合わせ